一週間のモヤモヤと週末デート

今週も彼は忙しかった。

でも眠る時間がないほどの激務とも違う。

帰りはそういうときより少しだけ早めだった。


あ それが原因か。

少し早めに帰れるのにLINEも電話も素っ気ない。

毎日くれるんだけど 何となく冷たい。

時間も短いし 電話の最後にいつも言ってくれてた

▼「今日も大好きだよ」

も表面的に聞こえたり 言うこと自体を忘れられたり(>_<)


雨続きで通常とは違う交通手段で帰るからか電話は短め。

一番堪えたのは

▼「もう着くから切るよ。」

いつもなら額面通り受け取れるその言葉も 何となくモヤモヤしている今は

▼「もう家に着くからそろそろ切りたいんだけど( -_-)」

って迷惑がってるみたいに聞こえる(:_;)


うーーん。なんだこれは。

彼に言ったら一蹴されるんだろう。

でもモヤモヤが止まらない。

だから時々「好きって言って」とお願いして無理やり言わせてた。


「大好きだよ」

「大好きだよ~」

「大好きだよ~(*^^*)」

「大好きだよ~♡」

「大好きだよ~❤」

要望に応えてくれた返事がどれなのかでまた一喜一憂しながらも 何とか自爆せずに一週間。


昨日やっと逢うことができた。


以前からの予定通り 飲み会の下見。

待ち合わせは彼の会社最寄り駅に18時半。


支度をしていると彼から連絡。

▼「少し遅くなるかもしれない。」

△「遅めに行った方がいいの?」

▼「そうだね。19時半にしてもらえる?」

待ち合わせ遅くなっちゃった…。


△「逢いたくない?」

と喉まで出かかった言葉を飲み込んで

△「りー。」

と送る。

絵文字も「頑張って」もないこと気付いてるかな。


何となく凹みながら1時間遅い電車に乗ると遅延中(>_<)

でもどーせいつも彼の方が遅いし 早く着いちゃって悶々と待つよりいいか…と投げやりな私。

うーん。ダメだ。どうにもテンションが上がらない。

これで彼がLINEのままのトーンだったら泣いちゃうかも。


そんなことを思いながら電車に揺られていると彼からのLINE。

▼「やっと仕事終わった(^^; 何時頃到着?」

あ 顔文字付いてる。

ちょっと余裕あるのかな?

△「遅延中だからよくわからない。本当ならもう着いてる時間。」

▼「そっか(^^; ○○駅出たら教えて~。」

あ 「~」も付いてる。

ちょっとLINEがくだけた感じになった。


△「○○出たよ~。」

▼「俺も会社出たっ。どの辺に乗ってる?」

車両を教えると彼が乗り込んできた。

▼「ただいま。」

△「お帰りなさい。お疲れさま~。」

座っている私を優しく見下ろす彼の顔見たら不安もちょっとは減った…かな。


電車を降りて 雨の中 お店までの道を一つの傘で歩く。

傘で顔見えないし 周りもみんな傘さしていて目立たないし 濡れちゃうし…で傘を差す彼の腕に絡みつく♡

甘えたくなってきたっ!!

△「今週 寂しかった(≧◇≦)」

▼「仕事中は仕方ないっす。我慢してください( ̄∇ ̄)」

△「わかってるよ。だから何にも言わずに堪えてたじゃんっ。」

▼「そうだね(^^; じゃあ堪える必要がないレベルまで行こうか。」

△「そんなの無理だし。冷たくされたら不安になるもん。」

▼「皆さんのブログ読んで勉強だな( ̄∇ ̄)」

△「読んでその時は納得しても自分でそれができるかどうかは別だもん。だから無理っ!!!」

仕方ないなぁって顔して頭ぽんぽんされた(≧◇≦)


あーぁ。結局また呆れられちゃったな。

せっかく我慢してたのに台無し…。

そんな風に思ってちょっと凹んだけど やっと逢えたんだから今は楽しむっ。

気持ち切り替えて居酒屋ハシゴデートを満喫♡


逢っているときの彼は優しいし 私への好きも伝わってくる。

カウンターの並び席で飲んでいる間 何度も頭ぽんぽんされた(^-^*)

酔った彼はいつも以上に甘々で 所構わずキスを求めてくるし(^^;


少し酔った私はこの一週間を埋めるみたいに甘えたくなって お店移動の歩きではずっと彼の腕にぶら下がるみたいにベタベタして 肩に頭乗せてみたり……今思うとかなり大胆( ̄∇ ̄)

金曜日で賑わう都会のど真ん中だったのに イチャイチャしすぎだな(^^;


傘の遮蔽感も手伝っていつもよりくっついて歩くデートは無事終了。

飲み会のお店も良いところが見つかって その場で予約も済ませた(*^^*)


なかなか充実したデートだったね~と話しながらの帰り道 ふと気付く。

しばらくお部屋行けませんね(^^;

来週も外デート予定のため 3週間は禁欲。


△「ソロ禁止だから。」

▼「えーー(^^;」

△「悶々と過ごして。私のこと恋しくなって。」

▼「じゃあ仙人になるか~。今まで以上の塩対応になるけどね。」

△「そんなのダメ!!悶々として私に逢いたい気持ちを募らせて。」

▼「わかったよぅ。エロ動画でも検索するよぅ。」

△「(-_-#) 自力で悶々して(--#)」

▼「注文が多いなぁ(^_^;)」


aiに逢いたい aiに触れたい と思って欲しい。

禁欲はその手助けになると思うので( ̄∇ ̄)


彼と別れてからの帰り道。

▼「今日は楽しかった?」

△「うん(*^^*)すごーく。」

▼「そっか(*^^*) とっても幸せです♡」

△「私も~♡」

▼「さびしんぼだったのにね。」

△「はい。少し(^_^;)」

▼「ごめんね。」

△「ううん。わかってるよ。仕方ないって(*^^*)」

▼「そっか。ありがと(*^^*)」

△「ブログ読んで精進します!!」

▼「aiは充分頑張ってるよ(*^^*)」


うぅーー(:_;)

その言葉で一週間のモヤモヤが晴れた!!

私なりに堪えてたってわかってくれてるんだ。

そう思えばまた頑張れる(*^^*)


また早く逢いたいな。

彼にはソロ禁止令出したけど…私が我慢できずにお部屋デート誘っちゃうかも(^-^;)