「いつか」より「ずっと」

毎朝の彼の通勤時間。

駅までの十数分を私との電話にあててくれる。

いつからかこれが決まり事に。


家を出ると「出たよ~」のメッセージ。

うちに家族がいなければそのまま電話。

誰かいれば違う部屋やトイレでほんの少しだけの会話。

どちらにしても平日は毎朝話ができています(*^^*)



昨日 洗濯物を干しながら話していたら

▼「aiは偉いね~。ちゃんと家事して。」

△「普通でしょ(^^; みんなやってるよ。」

▼「うちは毎日じゃないし…。」

そこからほんの少しだけ家庭の不満?を彼が話し始めた。


不満ってほどじゃないな。

うちはこんなだよーって言い方だったし。

でも普段 愚痴なんて聞いたことないから ちょっとビックリ。


▼「aiが奥さんなら毎日こんなごはん食べられるのか♡」

▼「aiの家はキレイなんだろうなー。いいなー。」

たまにそんなことも言う。

だからと言って自分の家がイヤだとか 奥さんがやらなくて困ると言うわけじゃないんだけどね(^^;


奥さんの話されると私が落ち込むのわかってるから「うちは」とは言っても「奥さんが」とは言わないし。



たぶんね 彼から奥さんの愚痴聞いても

△「そんなこと言ったってその奥さんの居る家に帰るんでしょ?」

とひねくれ者の私は思うだろう。

家の話は極力しない…という彼の判断は間違ってないな( ̄∇ ̄)


でもね ほんの少しの不満だけど 彼の口から聞けて 実はちょっと嬉しかった(^^;

私にとって奥さんはライバルにすらなれない 到底敵わない相手だから。



▼「aiの家はキレイなんだろうなー。」

掃除機だけじゃなく 雑巾掛けもしちゃおう♡


▼「aiの料理を毎日食べられて家族は幸せだね~。」

いつもは作らないような手の込んだ料理 作ってみよう♡


そんなことして自己満足に浸っているアホな私(^^;

あ 少し前にお友達が言ってたのはこのことか!!

ともさんっ 私もバカなオンナでした( ̄∇ ̄)




その日の夜。

ひさしぶりにお部屋でイチャイチャ。

ベッドの中で何度も抱きしめては「好き」と言ってくれる彼♡


▼「おいで♡ 抱きしめさせて♡」

△「うん♡」


▼「結構~好きなんだよ? わかってんの?」

△「あ ちょっと今の言葉メモとっていい?」


▼「あーつれて帰りたいっ (ギュー)」

△「かさばりますよ?」


▼「ずっと一緒にいたいなー。」

△「うん(*^^*) ずーっと♡」


見つめられながらそんなこと言われて 恥ずかしすぎて ツッコミ入れながら誤魔化す私(^^;


甘々です(≧▽≦)



▼「ブログで皆さんが浮き沈みしてるの見てると 俺頑張らなきゃいけないなって思う。」

△「頑張る?」

▼「そう。こんな事したら落ち込むんだ とか こんな事で喜ぶんだ ってわかるから。」


そうだね。ここのお友達は私の鏡。

嬉しい事もツラい事もみんな共感できちゃう。

それがわかってるからブログを取説代わりにしてるみたい(^^;



ヨシヒコさんが私を悲しませないように頑張ってくれてること 知ってたよ。

いつでも自信満々で余裕綽々に見えるけど ちゃんと私を見ていてくれて 私の嫌がることはしないでくれる。


だから私はヨシヒコさんといるとずっと笑顔なんだ(*^^*)

楽しくて幸せで満たされてる。



いつか一緒に…なれるかどうかはわからない けど

ずっと一緒に…いられるって信じてる♡




大好き。