腹痛には正○丸

長いGWが明けた月曜日の朝 いつものように彼からの電話。

▼「お休み終わったね。」

△「長かったよ(>_<)」

▼「頑張ったね(^^;」

△「うん(≧◇≦)」

やっと日常が戻ってきた~。

ホッとしたのもつかの間。

▼「何だか朝からお腹痛いんだよね(^^;」

△「え?どうしたの?大丈夫?」

▼「うん。とりあえず何とか(^^;」

その後 電車内でも腹痛は治まらなかった彼。

▼「座れててよかったよ。」


お腹が痛いのは心配。

そして今日のランチがどうなるのかも心配(>_<)

△「お腹痛いんじゃランチ無理だよね。」

▼「何も食べられないかもしれないけどそれでもよければ(^^;」

わかってるんだよ。頭ではわかってる。

体調が悪いんだもん。仕方ないってわかってる。

でも逢いたかったんだよね。連休明けだから。

待ちわびたランチだったから。

△「じゃあ今日はやめとくね。お大事に。」

▼「ちょっと様子見で(^^;」

「食べられないかもしれないけど逢いたいからおいで」って言ってほしかった…。


仕方ないもんね。我慢我慢。

子供の送迎をして帰宅すると彼からLINEが来てる。

▼「お腹治った!!」

△「薬飲んだの?」

▼「飲まないけど大丈夫みたい。」

うーん。ビミョー。

▼「今日 来るでしょ?待ってるよ。」

……始めからそう言ってくれれば(≧◇≦)

もちろん行きますけどね。


1週間ぶりに逢った彼は顔色も良く←最近こればかり気になる(^^;

定食屋さんのカウンター席に並んで座り 連休の報告会。

4日間仕事を忘れて 趣味を楽しんだり友達と会ったり 家の片付けをしたりと充実してたよう。

毎日電話くれてたからだいたい知ってたけどね~(^^)v


でもやっぱり逢えると違う。

横顔をチラ見して 目が合うとそらして…付き合い始めの中学生かっ( ̄∇ ̄)

▼「ai 逢えて嬉しいの? ずっとニヤけてるよ?」

△「普通の顔だし。普通に嬉しいし。」

▼「はいはい。普通 フツー。」

あーこんなやり取りも幸せ~(≧▽≦)


でも所詮はランチタイム。正味50分の短い逢瀬。

いつもの路地裏でハグ&キスをしたら あっという間にお別れの時間。

▼「今日からまた必死で頑張るよ(^^; また金曜日にね。」

約束してくれたけど かなり忙しそうだから期待半分で待つことにしよう(>_<)


帰りの電車からお礼のLINE。

△「今日はありがと。顔見れて良かった(*^^*)」

▼「うん(*^^*)逢えてよかったよ。今またトイレだけどね( ̄∇ ̄)」

やっぱり無理してた~(^^; ○露丸糖衣錠渡してきて良かった。

△「早めに薬飲んでね(^^;」

▼「はーい。」


連休明けの逢瀬は 彼の腹痛騒ぎで終わり(^^;

次は金曜日。

ひさしぶりにお部屋デートの予定。

……彼に気力と体力があれば だけど。