開き直る

親戚の結婚式があった。

そこでもう何年も会っていなかった叔父や叔母 従兄弟と再会して 懐かしい反面 とても寂しい気持ちになった。

それは 今まではそこにいた人たちが 年々減っていってるから。


私が40代なのだから 叔父や叔母は60代後半~70代ばかり。

ヤンチャでイロイロ問題を起こしていたけど 姪の私には優しかった叔父も70歳。

いつも茶髪か金髪のロン毛だったのが 髪が寂しくなったからと かなりの短髪に。

それでも残り少ない髪を茶色くしていたのは 叔父らしい。

子供の頃 叔父に連れて行かれたパチンコ屋の話をしたら嬉しそうに笑ってた。

私に内緒で子供にお小遣いくれてたところも 昔から優しかった叔父らしい。


別れ際「次に会うのは誰の葬式かな」と言われてドキッとした。

その言葉を笑い飛ばせないくらい 叔父が年を取っていたから。

ギュッと握手をして「私の孫にお小遣いくれるまでは元気でいてね」と笑顔で別れたけど。



30代まで 正装するのは結婚式が殆どだったのに ここ数年 圧倒的に増えてきた 葬儀や法事。

友達への出産祝いもすっかり終わり 病気などで亡くなる同級生までチラホラ。


幸い私もヨシヒコさんも今のところ大病もせず 健康診断も経過観察程度で済んでいる。


でもこの先 必ず歳はとる。

いつ突然の別れが訪れるかは 誰にもわからない。

だったら 今 一緒にいられることに感謝して 一日一日を大切に後悔のない毎日を送りたい。



けど ヨシヒコさんに依存しすぎず 自分の時間も楽しむ…というのは どうも私には無理っぽい。

だから 一緒にいなくても彼のことばかり考えるのは 仕方ないんだと 開き直ることにした。

私にとって最優先はいつも彼で そこを無理しても自分がツラいだけだし。


だから 丸っと忘れられる週末は落ち込む。

これも仕方ないんだ。


でも明日になれば 平日になれば またやり取りができるし 逢える。


頑張ろうっ!!!




早く逢いたいよ。