ドキッとした?!

この連休 彼が何をしているのか 私は知らない。

逢う予定がないなら 聞く必要がないから。


ウッカリ聞いてしまったとして

▼「特に予定はないから1人でドライブでもしようと思ってる。」

なんて言われたら

△「1人なの?1人なら私もそれ一緒に行きたい。」

と思ってしまう。


でも彼がそうしたいなら そうできるなら誘ってくれているはず。

そのドライブは 私が一緒には行けないものなんだ。


週末の予定を聞くことは モヤモヤの種を自らまいてしまうことになりかねない。

そうわかったから 極力予定は聞かないことにしている。


偉そうに書いているけど そんな風に思えるようになったのはつい最近(^^;


付き合う前…お互いの気持ちを探り合っていたころが 一番 彼の行動を知りたかった。

SNSを見まくり 彼の投稿やコメントは細かくチェックして。

付き合ってもいないのに 今 思うと怖いな(>_<)


きっと彼のことを知りたくて 必死だったんだ 私。


今はSNSはすべてやめてしまった。

彼が今でも更新しているのかすら知らない。


それは彼を信じているから…とはちょっと違う気がする。



彼も私も この付き合いを続けるため 周囲に嘘をつく。

家族 同僚 友達……。

二人が付き合ってるという 秘密 を守るための嘘。


その中でも 家族につく嘘が 一番多いのに 一番難しい。

身近な人につく嘘ほど 心が痛い。


だから 彼と付き合うことになったとき 自分で決めた。

彼には嘘をつかない。

お互いが 嘘つき だとわかっているからこそ 彼だけには嘘は言わない。


男友達からごはんに誘われたけど断った とか。

お茶だけはした とか。

これはちょっと話しづらいなと思うことも そのまま話す。

そうじゃないと何が本当なのか 自分でもわからなくなって 苦しすぎるから。

そして 彼もそうだと勝手に思ってる。


“信じている“ というより “疑っていない“ の方が正しいのかも。


よく考えたら変な話。

不倫なんだから 始まりから二股みたいなものなのに 疑わないなんて 能天気なきれいごとなのかもしれない。


でも疑いだしたらキリがないし もし もしも彼に他の彼女がいたとしても そんなこと知りたくもない。

私が聞いたら発狂するような あんなことやこんなこと を彼が他でしているのなら

「私には絶対ぜーーったいわからないように お願いします」

と思ってしまう。



うーん うまくまとまらないけど……。

世の中 知らなくていいこと 知らない方が幸せなこと もあるんじゃないかな。

そう思っています。




なんだか “ヨシヒコさんには隠し事がある“ みたいな記事になっちゃった(^^;

読んでドキッとしても 言わないでね~( ̄∇ ̄)