延長20分

ランチデートに行ってきました。


いつもの駅より少し先で待ち合わせの予定が 私の乗った電車に彼が乗ってきた(*^^*)

少し早めに逢えちゃったね。


駅ビルのレストラン街で食事。

向かい合ってお喋りしながら 彼と食べるごはんはいつも美味しい。


食べ終わって すぐお店を出たのには理由がある。

これから二人で歩かなきゃいけないから……キスできる場所を探しに(^^;


まずは10階にあるレストランから階段で下る。

△「あ ここのビル 階段の途中にトイレがあるんだ。だから人が多いんだね(^^;」

▼「これじゃあ どこでキスすればいいんだよっ(>_<)」

△「諦めればいいんじゃないかな(^^;」

▼「無理だろ~( -_-)」


更にさまよい歩く。

今度は 駅から少し離れた商業ビルへ。

ちょっと ひと気が少ない?


エレベーター前に人がいないことを確認して すかさず向かう。

でも待っている間に外国人が並んで 二人きりになれな……あ 途中階で降りた♪


♡♡♡無事 想いを果たすことができてご満悦の彼( ̄∇ ̄)



駅に着いたら 取引先へ向かう彼と家に帰る私は 上りと下りの電車に分かれる。

▼「ai 暇なんでしょ? ○○まで一緒に来てもいいよ?」

△「ん?暇だけど…家 逆方向だから。」

▼「逆方向だけど 来て また引き返せばいいし。」

△「一緒に来て欲しいの?」

▼「来て欲しいわけじゃないけど 用がないならもう少し一緒にいてもいいよ?」

△「ヨシヒコさんがどーしてももう少し一緒にいたい。一緒に来てくださいってお願いするなら行ってあげてもいいよ?」

▼「………ください。」

△「え?なに?聞こえなかった。」

▼「一緒にいたいから○○まで来てくださいっ。」

△「仕方ないなぁ。じゃあ行ってあげるよぉ(≧▽≦)」


ほんの20分の延長。

とにかく彼が嬉しそうで

幸せだな~

ai可愛いなぁ

早く抱きしめたいな

何度も何度もそう言ってくれた(*^^*)




ごめんね ヨシヒコさん。

またバラしちゃった( ̄∇ ̄)

だって 可愛かったんだもん。


ブログ書いてたら ますます逢いたくなっちゃった(≧◇≦)

大好きだよ。