急なデート

数日前 ある突発的な出来事のせいで 半休を取った彼。

仕事の道具をウッカリ壊してしまい それを直さなければ仕事にならないのでやむを得ず修理に行くことに。


道具が壊れたのって私にも責任があるんだよね。

会社からの帰り道 私がした電話を取るためにポケットからスマホを出した時にその道具を落として壊しちゃったから(>_<)


前日の電話でそのことを聞いた私。

修理にはソコソコ時間がかかる。

終わるまでは暇なはず。

それ私一緒に行ったらダメなのかなぁ?


そう思ったけどなかなか聞けずにいたら 充電切れで電話強制終了(^^;


△「明日の修理 同行したいな…。」

とLINE。

ダメ元で送ってみる。

家に着いてスマホを見た彼から連絡。

▼「いいよ~。○時の電車で。」

やった♡ 逢える(≧▽≦)



翌日 彼の乗ってきた電車に私が乗り込む形で待ち合わせ。

朝の通勤列車は危ないので 隣に座るけど会話はすべてLINE。

そんなことも嬉しくてニヤニヤしちゃう。


目的の駅に着いて まずは修理。

思ってたよりも時間がかかっちゃったけど 何とか直すことができた。

途中何度か待ち時間があったので ウインドーショッピングしたり お茶をしたり。

Xmasに飾られたお店は華やかで 一緒に歩くだけでも楽しい(*^^*)




無事修理も終わって ランチへ。

待ち時間だけいられればいいと思ってたけど もうお昼だから と一緒にごはんにしてくれた。


△「昨日LINEするのに勇気が必要だったよ。」

▼「こんなに時間かかると思わなかったし 一緒になんてまったく思いつきませんでした( ̄∇ ̄)」

△「迷惑かなぁと思ったけど 絶対待ち時間あるだろうし 思い切って言ってみてよかった。」

▼「迷惑なわけないっ。デートできちゃったね(*^^*)」

△「うんっ♡」



出社する彼と帰宅する私は逆方向の電車。

改札入って別れようとしたら

▼「会社の最寄り駅まで一緒に来てもいいよ?」

△「ん?来てほしいの?」

▼「来てほしいとかじゃなくて aiどーせ暇だろうから。」

△「暇だけど…。ヨシヒコさんが来てほしいなら行く。」

▼「特別来てほしいわけじゃないけど ここまで来たんだからあと数駅来てもいいよ?」

何だかヨシヒコさんが可愛い(*^^*)


もちろん一緒に行きましたよ。

ほんの10分くらいだけどもう少し一緒にいたくて。

電車の中でずっと「イチャイチャしたいぃ~。」と言ってた彼が愛おしかった(≧▽≦)


急なデート 嬉しかったよ。

拒否しないでくれてありがとう♡