彼のお好み

久しぶりの朝活で彼に逢いに行った。


彼が家を出てすぐに電話をくれて 話しながら待ち合わせ場所までお互い向かう。

彼は徒歩。私は車。

停めた車の中で 20分程の短い時間だけど 二人で逢えた。


薄暗い車内でハグ&キスを済ませたら しばらくはお喋りタイム。

来週 二人で参加するイベントの話や 次逢う日のことなどを手短に話したら もう彼の電車の時間に(>_<)


▼「じゃあ行ってくるね。」

△「行ってらっしゃい。」


ドアを開けて出ようとした彼を慌てて呼び止める。


△「ちょっと待って。」

▼「ん?どした?」

△「ちゅーーー♡」


ホントは まだ行かないでって言いたいけど 既にいつもより遅めの電車だし。

せめて最後にもう一回だけ…と呼び止めちゃった(^^;

びっくりした後 嬉しそうな顔をした彼にもう一度抱きしめられて 本当にお見送り。

急ぎ足でホームに向かった彼。


▼「間に合ったよ~。」

△「よかった(*^^*)」

▼「逢えて嬉しかったよ。」

△「うん(*^^*) 私もだよ。ありがとー。」

▼「特に最後 ちゅーねだられたのは萌えた。」

△「(≧◇≦) だってしたかったんだもん♡」

▼「aiは可愛いなぁ。」


そっか…ああいうのが好きなのか(._.)φ


普段 彼と逢っているときの私はきっと ものすごくデレデレしている。

でもデレデレしている(恥ずかしい)からこそ 面と向かって好きを伝えることは少ないし まして行動にうつすことはほぼない。


だから たまーーーーに後ろから抱きついたり 私から触れると彼が喜ぶのは知ってたんだけど…。


結局 好きを全面に出している私を 彼は愛おしく思ってくれるんだよね。

わかってはいても なかなかできないけど(^^;


彼が喜んでくれるのは私も嬉しいので もう少しだけ積極的に頑張ってみよっかなー。