寂しくないのが寂しい

△「最近ね 皆さんのブログを読んで反省してるんだ。皆さん前向きに負の感情をなるべく彼にぶつけないように頑張ってる。一人でできる趣味や仕事に打ち込んだり 他にも目を向けて友達と逢ったり。」

▼「そうだね。必要なことだね。」

△「でも私は『無理なものは無理っ』と開き直って ヨシヒコさんと逢えない時間はモンモンと過ごしてるだけで…。」

▼「困った子だねぇ。」

△「うん。だからちょっと皆さんを見習って頑張ってみようかと思うの。」

▼「そうなの?」

△「この三連休も寂しいばかりじゃなくて ヨシヒコさんのことなんて忘れていられるように何かしようかな。」

▼「…無理すんな。」

△「その方がヨシヒコさんも安心でしょ?」

▼「無理すんなって。」

△「ん?もしかして…。私が逢えなくても平気になるのが寂しいの?」

▼「aiは今まで通りでいいよ。なるべく逢えるように頑張るし。」

△「やっぱり寂しいんだ♡」

▼「今のままのaiがいいんだよっ(≧◇≦)」


どうやら私が寂しがってるくらいの方がヨシヒコさんは嬉しいらしい(^^)v

でもそれにもきっと限度があって…。



付き合って2年くらいは私 本当に重くてネガティブな彼女だった。

逢っているときは幸せだったけど 一緒にいないときの連絡の頻度やメールの内容に一喜一憂して 何度も自爆を繰り返してた。


それが今は激減。

自分で言うのも何だけど 私 かなりお利口さんになったと思う。


でもそれって私が成長したからではなくて ヨシヒコさんが変わってくれたおかげ。

私や同じ立場の皆さんのブログを読んで 何故私が不安定になるのかを理解してくれた。

そして私がそうならないように少しずつ対応してくれた。


例えば 彼の仕事が急に忙しくなったとき。


以前は急に連絡が来なくなった。

それまでコンスタントに来ていたメールが一切なくなり ヒドいときには何日も「おはよー」や「おやすみ」すらないことまであった。

そうなると私はあらゆる良くないことを考える。

バレたの?

飽きたの?

死んだの???

連絡が来ないことを嘆き 落ち込み 自爆メールを作成(^^;

これが一連の流れ。


それが今は連絡をくれる。

▼「仕事が立て込んでるからしばらく連絡できないけど我慢してね。」

この一言で私はハチ公のようにイイコに待てる。


▼「仕事が忙しいときは余裕がないからaiのことは考えられない。でも忘れてるわけじゃないし気持ちは変わってないからそこは理解してほしい。」

これは二人で連絡頻度の話をしたときに言ってくれたこと。


これを私がわかった上で 忙しくなったときには一言伝えてくれるから 大人しく待つことができるようになったんだと思う。



私が寂しがらないのは寂しい と彼が言ってくれたのは 今の安定があるからこそなんだろう(*^^*)

だから 変わってくれた彼には感謝。

落ち着いて待てるようになった私のことは褒めてあげたい(^^)v



無理しなくていいって許可もらっちゃったしね~。

これからも「逢いたいな~ 寂しいよ~」は伝えていくよ♡


あ ちなみに三連休は寂しいよぉ。

連絡……待ってるからね(^ー^)/