続 旅行記

今回の旅行 本当ならヨシヒコさん来れない位 仕事が忙しかった。


旅行前日

▼「本当にヤバい状況。

土曜日は早めに帰ってきてもいい?そのまま仕事する。」

しばらく考えた私。

△「キャンセルしよう。仕方ないよ。仕事だもん。」

△「大丈夫。埋め合わせはしてもらうけど怒ってないから。」

△「気にしないでお仕事頑張って。」


そんな風にメールしてふと思った。

時間はもう夕方。

旅行の支度も着々と進めて もう止めるなんて家族に言い訳できない状態。


ヨシヒコさんにはキャンセルしたと言って私一人で行こう!!

前日じゃキャンセルしても返金されないし 強がってはみたものの 私も家にいたらおかしくなりそう。


ナビもあるし ノンビリ行けば一人でも大丈夫!!


そんな風に思っていた。


でも結局 彼がものすごく頑張っていろんな手配を済ませてくれて 予定通りの旅行ができたんだけどね(;_;)



旅行中 その話をしたら彼は ごめん と謝ってくれて

▼「そんなことにならなくて良かった~(≧◇≦)

こんなところにai独りで来させたら 何をしても引き上げられないくらい落ち込んでたのが目に浮かぶ(>_<)」


というのも泊まった貸別荘は大通りから1本入ったところに1棟だけポツンと建っていて 周りは怖いくらいになにもなく 街灯すらないような静かな場所で おまけに目の前には大きな池のような沼のような…。

でも建物はお洒落でキレイでだだっ広い。



これが外国の映画なら

池から巨大生物 ドーンっ

横を歩いてた人を頭から パクっ

静けさの戻った池の横に腕が コロンっ

なんてことが起きそうなロケーション( ̄∇ ̄)


独りだったら凹んでただろうな(^-^;

2人で行けて本当に良かった(*^^*)


そのツケで いま彼に殺人的に忙しい思いをさせちゃってるんだけどね(;_;)



今週はランチも夜デートもナシ。

今週だけじゃないな…今月は我慢してと言われた(≧◇≦)


でも今朝 出勤前の彼と少しだけ逢えたので 日持ちのするパウンドケーキと焼おにぎり それから栄養ドリンクを渡せた。



食欲ないって言ってたけど 私が作ったものなら食べてもらえるかな~。

今日も暑かったけど バテてないかな~。

そんなことばかり心配してお母さんみたい(>_<)



私は ただ大人しく待ってるから。

あまり無理しすぎないでね。