実は私も

少し前 ヨシヒコさんに言われて気づいたことがある。


▼「aiは どM なんかじゃない。どちらかと言えば S。俺がそれを上回る どS だったってだけ。」


うーん 言い得て妙( ̄∇ ̄)

そっかー そうなのか。

私 好きな人の前では どM なのかと思ってた。


両方の側面を持っていると思うけれど 確かに私 人を攻めるの好き。


子供が小さいときはわざと見えない場所に隠れて「ママー どこー(;_;)」と泣かせてからヨシヨシと抱きしめるのが至福の時だったし( ̄∇ ̄)


たまにヨシヒコさんの弱点を攻めて「やめてー(≧◇≦)」なんて言われるとキュンキュンする♡


普段のじゃれ合ってる状態ならそんなことも許してくれるヨシヒコさんも 私の感情の起伏には厳しい(>_<)


浮かれすぎたときは

▼「落ち着けー」

と冷静に言われるくらいだからまだいい。


落ちたとき……しばらく放置から始まる。

わざとなのか やむを得ないのか とりあえず放置を経ての

▼「落ち込んでるのー?」

という連絡がお約束( ̄∇ ̄)

▼「放置の間に反省してひとりで這い上がってこい」

と 私に時間が与えらるのだと思う(>_<)


△「落ち込んでた(;_;) だってヨシヒコさん突き放すしっ(T-T)」

▼「仕方ないねー。勝手に落ちたんだから。」

△「うぅーーー(T^T) ゴメンナサイぃーー(; ;)」

▼「ヨシヨシ。いいこいいこ♡」

何度となく繰り返されたこのパターン(≧◇≦)


私が落ちるときは ほぼヤキモチ。

彼の家族に妬き 同級生♀に妬き ヒドいときは過去の自分にまで妬いてしまう( ̄∇ ̄)

その殆どが私の妄想なんだから そりゃ放置もされるか(^^;

何度繰り返しても懲りない私(^-^;)

だって仕方ないじゃーん。

大好きで独占したいんだもんっ。



そんなこんなでヨシヒコさんのSには負けてしまう私のS(^-^;



今朝のメール。

▼「aiも3年で鍛えられたよね。」

からの↓



どんだけ上から好きなんだっ(≧◇≦)