早く逢いたい

忙しいはずなのに 仕事大変なのに 来てくれた。

お泊まりできるならそれだけでいいと思っていたのに 次の日も1日空けてくれた。


宿を早めに出て 水族館へ行く予定。

けれど毎日寝不足の彼。

顔に触れても 抱きついても 気づかないくらいグッスリ寝ていた。

なるべく寝かしてあげたくて チェックアウトギリギリまで滞在。


外に出て 朝昼兼用のごはんを食べ

▼「さぁどうやったら水族館まで行けるのかな?」

検索を始める彼に

△「今日じゃなくていいよ。チケットの有効期限まだだし。」

お散歩したり ショッピングモールをフラフラして過ごすことにした。


近くの公園へ行くと何やらイベント中。

かなりの人出だけど そういうところの危機管理は 何故か甘めの彼。

堂々と手をつないで歩き 途中のベンチに寄り添って座る。


暑すぎず寒すぎず 風も陽射しも心地良い。

彼にスマホを渡して アプリの設定をお願いしたり 宝くじの当選番号を2人で確認したり。

30分以上そこにいたかな。

穏やかでマッタリとした幸せな時間。


でもふと気付いてしまった。

私と逢っていなければ 休日出勤していたはずの彼。

特に何をするわけでもなく こんなダラダラと過ごすなら仕事に行けば良かったと思っているんじゃないか。


不安な気持ちで 隣の彼を見つめる。

▼「幸せだなー。すごくノンビリして癒される。」

まるで私の心の中を読んだようなタイミングの彼の言葉にビックリして 嬉しくて泣きそうになった。

真っ昼間の公園なのに 彼に抱きつきたくなった。

少し彼の方に近づいてお尻とお尻をくっつけるだけで我慢した。


その後は お洒落な海沿いの道を散歩。

ショッピングモールでちょい飲みしてから 帰路につく。


並んで座れた電車内では すぐ寝てしまう彼。

彼の降りる数駅前で起こすと コッソリ手をつないできた。

帰りたくないのが伝わっているんだろうな。


▼「やっぱりaiの降りる駅経由で帰るよ。」

△「いいよ。大丈夫だから近い駅で降りて。」

▼「どっちでもそんなに変わらないから。」

△「でも…。」

▼「あと数分 手をつないでいられるしね(*^^*)」

結局 遠回りさせちゃった。


電車を降りてからの電話。

▼「ai 楽しかった?」

△「うん。すごーく楽しかった。帰りたくなかったよ。」

▼「早く逢いたいね。」

△「うん。早く逢いたい。」

▼「ずっと一緒にいようね。」

△「うん。ずっとお願いします。」

最後まで幸せな時間をありがとう。


彼はこんなにたくさん幸せをくれる。

私は彼に何をあげられるのかな。


早く彼に逢いたい。

初めて

子供の頃から 下の名前で呼ばれることは少なかった。


アナウンサーの水卜さんが「みとちゃん」と呼ばれるように 少し変わった苗字がそのままあだ名のようになっていたことが殆ど。


長女の私は 親戚などからは「お姉ちゃん」と呼ばれていたし たまに名前で呼ぶ人も「aiちゃん」か「ai」で親ですら「ai子」とは呼ばなかった。


それに加えて 私の名前の読み方はわかりづらい。

またまた みとちゃんの名前をお借りすると

「水卜麻美」は「みうらあさみ」が正しいのに「みとまみ」とも読める。

そういう間違い方をよくされた。


だんだん慣れて来るもので 病院や役所で呼ばれるときもクラス替え後 最初に先生に呼ばれるときも「みとまみ」でも返事をしていたし むしろ何て呼ばれるかが楽しみだったりもした。


彼と付き合い始めたころ お互いをなんて呼ぼうかという話になった。

子供の頃は「みと」再会後は「みとさん」と私を呼んでいた彼。

▼「なんて呼ばれたい?」

△「名前がいいな。」

▼「ai子?」

△「うん(*^^*) そうやって呼ぶ人いないから。」

▼「旦那さんは?」

△「名前で呼ばれたことないなぁ(^^;」

▼「他の人とは違う呼び方されたいんだね。」

△「うん(*^^*) ヨシヒコさん専用の呼び方。」


考えてみたら ヨシヒコさんとが初めてのこと 結構たくさんある。

初めて行く場所。初めての体験。

狭い世界の中で生きてきたんだな~とつくづく思う。


これからも一緒に「初めて」を経験させてね。

合っている

先週……引き続き忙しかった彼。

毎朝連絡はくれたけど 殆ど会話もできず。

体調悪いのに休めないのが辛そうで そんな彼を感じると私も辛くて(>_<)

そんなだったから金曜日のデートも諦めてた。


金曜日の朝。

△「今日は逢えないよね? 準備があるので一応確認です。もし可能性があるなら準備してギリギリまで待ってます。」

▼「今夜は逢おう。癒されたいっす。」

△「わかったー。寝かしつけてあげるね(*^^*)」

▼「いや…そーでなくて(^^;」

やったー。逢えるっぽい。

それなら最近食生活の乱れている彼に栄養のあるもの食べさせなきゃ。


○鮭の西京焼き

○煮卵

○こんにゃく煮

○オクラのお浸し

○手作りメンマ

○具だくさんポトフ


野菜の足りない彼へ 徹底的に野菜中心の献立。

頂き物のタケノコと手作りこんにゃくは素材がいいのでシンプルな味付けでもすごく美味しい♡

和食好きな彼ならきっと喜んでくれるはず。


夕方

▼「会社出たよ~。」

ホントに逢える~(≧▽≦)

彼と合流していつものお部屋へ向かう。


部屋にはいるとすぐ 両手を広げて私を待っている彼の胸に飛び込む。

△「逢いたかった。月曜日に逢ったのに久しぶりな気がする。」

▼「あのときは中途半端だったからね(^^; 俺も逢いたかったよ。」

毎日連絡くれてたのに寂しかったのは 彼が疲れているのがわかってたから。

無理は言えないし 殆ど会話にならなくても我慢するしかなかったから。

やっと顔が見られて抱きしめられて 安心できた。


▼「お腹空いた~。」

△「たくさん食べてね(*^^*)」

▼「豪華だなー。美味しい(≧▽≦)」

和食にして正解。

思った以上に喜んでいただけました。


ごはんの後は愛の確認。

ここのお部屋 ブラックライトが付いてる。

そこで見た彼の瞳が…ドラキュラみたい?!

△「こわーい(≧◇≦)」

始めはそう思っていたんだけど 見慣れてきたら何だか反則級にカッコいい♡←主観です。

言いませんけどね 本人には。

でも何だかすごくドキドキしてしまった(//∇//)


まったりタイムにはたくさんお喋りして たくさん笑って。

2人の時間はあっという間。

帰り際

△「今日は無理させてごめんね。」

▼「俺が逢いたかったんだから大丈夫。すっげー癒されたし。ストレス吹っ飛んだ。」

△「それならよかった(*^^*)」

▼「aiは最高の彼女だよ。非の打ち所がない。」

△「う うん(^^; ありがとー。」

▼「今のところはね( ̄∇ ̄)」

ちゃんと最後にはオチもついてた~(^^;


ヨシヒコさんには私が合っていた そういうことなんだろう。

もちろん私にもヨシヒコさんが合っている。

そんな相手と両想いになれたことに感謝だな~♡


これからもよろしくお願いします(*^^*)